●羽毛ふとんの特性●
羽毛ふとんはどうしてあたたかいの?など、羽毛の不思議をお教えします。
 
羽毛、それは自然からの贈り物。
羽毛ふとんに使われる羽毛はグースやダックといった水鳥たちの羽毛です。水鳥たちは、主に寒冷地で育ち、その羽毛には厳しい自然環境を生き抜く機能が備わっています。羽毛ふとんはその機能が活かされて、特に保温性に優れ、人間の健康的な睡眠に最適な寝具として高い評価を得、人気を呼んでいます。羽毛ふとんは、次のような特性を備えています。
 
     
軽くてあたたかい(単位質量当たり保温性)
  ダウンはタンポポの穂のような形をしており、その子羽枝が絡み合わないので、固まることがなく、いつもふんわりと軽やかで、循環器系や呼吸器系に過度の負担をかけません。また、フワフワの枝毛は比熱の大きな空気を多量に含んでいますので、かさ高性に富み、他のふとんに比べ、とても軽くてしかもあたたかです。
     
さわやかで快適(吸湿性、放湿性)
  羽毛は吸湿性、放湿性に富むため、人体から出る汗を吸収し発散を繰り返していますから、他のふとんに比べ蒸れを感じず、さわやかで快適ですが、羽毛を包む様々な側地によって使い心地は多少異なります。
     
ソフトにフィット(ドレープ性)
  羽毛はその独特の形から羽毛同士が絡み込まないので、小さな圧力が加わっただけで沈み、体にソフトにフィットするのであたたかい空気を逃さず、また冷気の侵入を防ぎ、良い寝心地が得られます。
     
お手入れが簡単
  羽毛は弾性回復率に富んでいるため、他のふとんのように頻繁に日干しする必要がありません。しかし保温性を高めたり、日光消毒のため月に1〜2回、1〜2時間程度の日干しをおすすめします。
     
取扱いが便利
  羽毛ふとんは小さく折りたたむことができますので、お使いにならない場合収納にも場所をとらず、かつバッグに収納すれば、引越など移動の際、極めて便利です。
     
リサイクルが可能
  羽毛ふとんはていねいに使用すれば、耐久性が長く、側地を交換し、中の羽毛を再利用することができます。羽毛ふとんのリフレッシュシステムは、当社でも承っております。
 
このように、羽毛は数々の優れた特性を備えています。なお別のページで、詳しい取扱い方法お手入れ方法購入の目安などについてもご案内しています。あわせてご覧ください。